topimage

2017-05

初盆 - 2012.08.14 Tue


にゃんちゃんの初盆。
帰ってきてるのかな。。。
CIMG1375.jpg

にゃんちゃんの気配を2回感じた。
でも実はそれはお盆の2日くらい前の事だけど。。。
性格にいうとにゃんちゃんの気配とういか
後ろを猫が通ったような。
プリンは目の前ににるからプリンじゃない。

にゃんちゃん帰って来てるよね!

プリンに聞いてみた。
にゃんちゃん、来てるかな。
見えたら教えてね。母ちゃん見えないんだよ。
って言ったら
プリン、母ちゃんに抱きついた。。。
えっ、母ちゃんににゃんちゃんくっついてるのか!
なんでもそう思いたい母ちゃんです。

買い物から帰って来たら
なんだかうまく鍵が開かない。
何度やっても鍵穴に鍵が入らない。
中から「にゃー」って小さい声がきこえた。
あ、プリン待ってるんだと思って開けたら
プリンはどこにもいない。
2階にあがったらプリンは爆睡中。
ん、もしかして今のにゃんちゃん?
なんでもそう思いたい母ちゃんです。

朝晩のお水とご飯、お線香。
母親が亡くなったときより一生懸命にやってる。
姉ちゃんに怒られるだろうな。
猫の方が大事か!って。
そうじゃないんだよ。
にゃんちゃんには、私しかいないんだもん。
そう思うとなんだかね。

キュウリは帰ってくるときに乗ってくるとより早く着けて、
帰りはなすにお土産たくさん積んでゆっくり帰って行くんだって。
恥ずかしい話だけど、この年になってその意味をしりました。
にゃんちゃんは、そんなのに乗るより自分で走った方が
早いだろうな。
と思いながら、きゅうりとなすを準備した母ちゃんでした。

08154.jpg

CIMG1901.jpg
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

にゃんちゃん 立派にお飾りしてもらって喜んでるよ~(=^・^=)
しのちゃんママも旦那さんも初盆だ。
帰ってると思う…っていうか お盆に関係なく
いつもそばにいるような気がするよ。
にゃんちゃんもお盆が過ぎても母ちゃんのそばにいるから大丈夫だよ♪

にゃんちゃん帰ってきてますね。
私もそう思います。
きゅうりとなす、乗るより走った方が早いね、きっと(笑)
迎え火と送り火もしたの?

こんにちわ。

私も「いつも側に居る。」って思うよ。
しかし・・・なすと胡瓜の意味・・・初めて知ったよお!。(この年で)

この年に成っても信心心がない私だが~もっと年食ったら
信心深く成るんだべかあ?。

時々覗いて読み逃げさせてもらってました^^;

にゃんちゃんの突然の不幸に涙しながら読み逃げし~
ブログの再スタートに少し元気になったかな~と読み逃げし~で・・・すいません!

我が家も今年は初盆でしたが、帰ってきてくれてるのか
どこかで道に迷ってるのか気配も感じません^^;

しのちゃんママさん

そっか。。。
しのちゃんのとこも初盆なんだ。
いつもそばにいるの?いいなぁ。
しのちゃんママはほんと凄い人だなぁ。

猫とともに幸せさん

そそそうよね、きゅうよりにゃんちゃん早いよね。
足手まといよね。
迎え火しなかったの。。。
おうちちゃんと分かるかな。
きっと分かるよね。

もま親分さん

ねぇ、私も知らなかったよぉ。
お盆には、そういうの飾ってたとは思ったけどね。
多分、信心深くない人は年とっても
信心深くはなねぇんじゃねべが。。。

道産子ママさん

にゃにゃさんのところにコメントされてましたよね!
実は私も読み逃げしてました。
門司港のこと書いていたような。。。
道産子ママさんのところも初盆ですか。
大丈夫。
多分、渋滞しているのかもしれませんよ。
うちは、渋滞をさけて早めに来たみたいですから。(/^^)/

立派に飾ってもらえてるね
これは帰ってきてるよね絶対

うちのは・・・ エアコン無いだろ?どうせ と文句言って帰って来ませんw
あれから付けたんだけどな・・・ 遅いってか;;

にゃん子ちゃん、絶対に帰ってきてるね。
母ちゃんの周りをウロウロしてるよ。
私も毎朝こたにお水とお線香とご飯とあげてまあす。毎日欠かさずあげてます。
ご飯は一日2回、こじとみーこと一緒にあげてるよ。
やめられません。
気の済むまで続けるつもり。
にゃん子ちゃんの小さな姿を見たら、現実なんだなと思ってしまった。
小さくなったね。こたと一緒だ。

泣けてきちゃうよ(T-T)

rewnoss76さん

エアコン?暑いとか寒いとかないっしょ。。。
月命日にいつも会っているから
お盆の混む時期は避けたんじゃぁ。

ここみねこさん

周りウロウロしてたらうれしいなぁ。
なんだかね、最近はそんなに泣いてなかったのにね、
お盆になったらやたら泣けてくるの。
思い出しちゃってね。
会いたいな、とっても。

うんうん、帰ってきているわよ。
私の姫は、49日待たずに30日でぱったり
気配が止んだの。
あれ不思議だけど、絶対いたよ。
猫たちもみてたんだもん。
にゃんこちゃんは生まれ変わって
また戻ってくるよー(^-^)/
ところでブログが変わったのね、
リンク貼り直すねー

送りにゃん子

v-132 にゃん子は、戻って来ています。
 公園で、ののちゃんをダッコされる方の半数は、ここ数年にワンニャンを亡くされた方。感触が忘れられないみたいなのです。
 みなさんおしなべて、「姿を見た」「鳴き声が聞こえた」と言います。
 「死を受け入れられないし、いい思い出になるなんて数年かかる」と言われましたが、確かにそうだと想います。
 そんな心の揺れが人間らしさなのかもしれませんね。
      <ののちゃんより>
 

うちもばろんにお水とお花と日に2回のごはんを欠かしません。
ごはんは、ちゃりおとぴーとが食べちゃうけどね。
ぴーが大きくなってちゃりおの事をなめたりしていると、ばろんの姿と重なります。
いつも、わたしたちを見守ってくれているんだって思います。
困ったとき、悲しいとき、ばろんに「ままを守ってね」と頼ってしまいます。
にゃんちゃんも、母ちゃんとプリンちゃんのこと、いつも見守ってるんじゃないかな?
だって、大好きなんだもんね。

K-coさん

私は、最近まで全く気配を感じなかったんだ。
夢にも出てきてくれないし
どうしちゃったかなと思ってた。
お盆近くなってから、自分の思い込みなのかなんなのか
気配を感じたんだよねぇ。

ご心配おかけしました。

kitcatさん

そうだよね、戻ってるよね。
kitcatさん、面白いだけじゃない
人としての重みを感じますね。
ののちゃん、抱っこする人たちは
いろんなことを思いを感じながらなんだなぁ。
公園ののちゃんは、必要な存在だ。。。

ちゃりまるさん

うちは、プリンが上がれないところに
セットしてるんだ。
でも、上がろうと思えばラクに上がれると思うんだけど
上がっちゃいけないと思ってるのかも。
そう、大好きだったんだよ!
一緒にいたいと思ってくれてると思う。
はぁ。。。逢いたい。。。大好きなにゃんちゃんに逢いたい。。。

あちらと思えばまたまたこちら・・・
にゃん子、帰ってきたら、よろしくな。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://noccononyanko.blog.fc2.com/tb.php/9-267e76c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夢をみた «  | BLOG TOP |  » 頭に水がかかっても平気な猫

プロフィール

にゃんこの母ちゃん

Author:にゃんこの母ちゃん
3度のメシよりにゃんこな母ちゃん。
猫の森にて「猫の学校」修了
ホリスティックケア・カウンセラー資格取得。
出没エリア:東京

Staff
・永遠のマドンナ にゃん子
  2012.6.4 お星様に
・プリン(2011.9.11/福岡 )
  にゃタロー家からスカウト
・芽生(2013.6.12/福島)
  ねこひと会よりスカウト
その他お世話係:父ちゃん

我が家の子どもたち

 突然ベランダに現れた天使     にゃタロー家よりスカウト     ねこひと会よりスカウト

最新記事

twitter

ブログ村

ブログランキング

月別アーカイブ

HONE HONE CLOCK

カテゴリ

はじめに (1)
天使になった、にゃんちゃん (41)
プリン (147)
芽生 (22)
虫さん (4)
日常 (58)
プリンと芽生 (46)
Dear ブロともさん (18)
猫バカの集まり (21)
猫セミナー (11)
引っ越し (13)
帰省 (10)
里親募集 (13)
悲しいこと (5)
未分類 (11)
竜脱走 (2)
お出かけ (12)
東北弁 (1)
猫様遊びのこと (0)
猫のおもちゃ (1)
プリン病院 (2)
お酒 (1)
旅 (2)
猫トイレ (2)
料理とか (2)
ご飯など (0)
猫草 (1)
季節の行事 (6)
グッズ (1)
骨折 (22)
オリジナル (1)
猫ごはん (1)
猫さんのために (2)
プレゼント企画 (7)
旅たち (1)
ハンドメイド (2)

アクセスカウンター

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)

記事一覧

にゃんちゃんとお別れして

プリンが家族になって

芽生が家族になって

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

super nyanko

super purin

プリえもん

三つ編みプロジェクト2012.3

三つ編みプロジェクト

Black Cat Club

QRコード

QR

あし@

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: