topimage

2017-05

にゃんちゃんへ - 2012.10.03 Wed

10月4日
4度目の月命日。

神様、にゃんちゃんが必要でしたか。
この私よりもにゃんちゃんを必要としている人がいたのですか。

外に出すことを選択した私は
そこで切られたのでしょうか。

forever にゃんちゃん

CIMG2312.jpg



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

寂しいけれど こんなに素敵なものを作ってもらえて
にゃんちゃん 幸せですね。
最後のほうの 母ちゃんとにゃんちゃんの手が
しっかり繋がっているのが 絆を感じます・・・
少しは 元気を取り戻していますか?
でも 無理はしないでくださいね。

たくさんのにゃんちゃんの写真、優しい曲と一緒に流れてゆく様子が、
とっても切なかったです。
母ちゃん、これを作りながら、きっとずっと泣いてたんだよね。
毎日にゃんちゃんのことを想って、会いたくて寂しくて悲しくて、
ただ泣くことしかできないんだよね。
母ちゃんがそのきれいな顔をゆがませて、涙でくちゃくちゃになって、いっぱい泣いて目が痛くなって、
力を使い果たしてぐったりと眠る様子を想像しています。
それがわたしは悲しいです。
目が覚めたら、にゃんちゃんがいてくれたらいいな、と思うこともあるかもしれない。
でも、なんど朝を迎えても、寝る前にどんなに願っても、祈っても、にゃんちゃんは戻ってこない・・・。
本当はわかってるよね。
心のどこかでは、きっと受け入れてるはず。
でも、こうして繰り返し悲しみを目の前にひろげて、そのたびに自分を責めて、
母ちゃんからにゃんちゃんを奪った神様に、「なぜですか」と問う。
母ちゃんはにゃんちゃんと一緒にいて、どんなに幸せだったか、
どれくらい大好きだったか、温かくて優しい光で思い出を照らして、
何度もなんども眺めて見てるのかな。
「外に出すことを選択した」のは、母ちゃんとにゃんちゃん、ふたりでしょう?
にゃんちゃんは外に出ることが大好きだったんでしょう?
だから母ちゃんが「切られた」なんて、そんなふうに思っちゃダメ。
自分を責めてばかりいたら、にゃんちゃんが辛いと思うよ。

でも、わたしはこう思ってる。
こうして思い出を綴ることによって、母ちゃんは受け入れようとしているんだよね。
そうして少しずつ、悲しい気持ちから温かい気持ちに変わってゆけるといいな。
にゃんちゃんは永遠だよ。
永遠に、母ちゃんの大好きなにゃんちゃんだよ。

にゃんちゃんを自由さんにしていたのは
間違いじゃないと私は思ってるんよ
だって、にゃんちゃん、お家の中より外での写真のほうが
とっても素敵に映ってるしキラキラしてる
元々、自由を謳歌してた子を家猫さんに無理やりしてたら
きっとこんな早い別れはなかったんだろうけど
それは人間側の考えであって
にゃんちゃんからしたらストレスが溜まる生活やったかもしれないよ
もしかしたらストレス性の病気になってるかもしれん・・・
ネコ飼いには二つの考えがあって
危険から守る完全家猫
基本を守りながらの自由さん
でもこれって、その子の生い立ちなども考慮しないといけないと私的意見・・・
私が母ちゃんの立場やったら、にゃんちゃんは自由さんにしてるよ
だから、自分を責めることはないよ
にゃんちゃん、白い毛を汚してさぁ帰ってきてたやん
グレーのような色になってさ
あれって、どんだけ楽しく遊んでたん??って思うし
楽しい毎日だったはず・・・
私もつくしだけは自由さんやけど
あの子からはそれを奪えない
事故する可能性だってある
でも、自由さんだと自分で納得してるからには
万が一のこともうけいれようと思ってる
飼い主として間違ってると思われるかもしれんけどね・・・
にゃんちゃんは、短くてもふっといふっとい猫生だったよ
あったかいお家を持ちながらの
自由を満喫
ネコにとって本当は1番素敵な生き方なのかもしれない。。。

コタロウのことでは、温かいコメントを、、ありがとうございました。。
コタロウも、自由ちゃんでした。最初の保護主サンから譲り受けたとき、もうすでに
お外のアジを知っていて、外に出さない選択は出来なかったのデス。

本当は、全てのにゃんこがお外に出たいハズ。
ただ、いろんな事情があって、、出せないコもいる。。
でも、出さないのが、危険から守るのが 絶対いい!とは言い切れないと思います。。

だって、、お外は楽しいモン!
コタロウだって、にゃんちゃんだって、お外大好きv-238 やったんでしょう。。
もちろん、危険はある。。でも、にゃんこの自由を 奪うことも また 人間のエゴでしょう。。

同じ、、いとおしい命を亡くした者として、、母ちゃんサンの痛みが分かるぶん、何も言えません。。
にゃんちゃんのことを想ってただ 静かに 涙します。。
いつか、、にゃんちゃんが母ちゃんサンのところへ 帰ってきてくれるのを 祈って。。
いつか、悲しいばかりではなく、、優しい思い出となってくれますように。。


こんばんは。
やっと、動画を観る事ができました。
ゆっくり、ちゃんと、向き合って観たかったので、
お休みの日まで待ちました。

沢山の、思い出、幸せな日々、どんなに悲しい思いで、
一枚一枚綴って行ったのでしょう。
またまた、母ちゃんに泣かされた。
でも、こういう作業も、向き合うという事なんだよね。
いろいろ、悔やみながら、迷いながら、受け止めて行くんだよね。

お外を自由に歩ける猫って、自立しててカッコいいと思う。
自分の意志で、道を選んで歩く。
それは、リスクも自分で持つ、という強い意志なんじゃないかな。
うちの2人は歩けない、ビビリだもん。
それは、私が外に出さなかったから。マンションだし、一人暮らしだし、会社員だし。
人間の理由で、閉じ込めた。でも、私は、エゴだなんて思わないよ。
だって、2人とも、私の事大好きって言うもん。私も、2人も幸せだもん。

幸せのかたちは、ひとつひとつ違うから、何が間違っていて、何が正解かなんて言い切れないよ。
にゃんちゃんはお外が好きで、自由に遊んで、楽しかったね。
母ちゃんとにゃんちゃんは、お互い大好きだったよね。
だから、確かに、2人は幸せだった。間違ってなかった。
プリンちゃんだって、母ちゃんが大好きだ。
母ちゃんは、間違ってなかったし、良い猫飼いだよ。前も、今も。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

もう泣かないで・・・

プリンちゃんも言ってるよ!
そしてにゃんちゃんも・・・
そして私も・・・みんなも・・・って~私もまた泣いてるけどね^^;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://noccononyanko.blog.fc2.com/tb.php/37-c860facf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ワクチン «  | BLOG TOP |  » にゃんちゃんに会いたいよ

プロフィール

にゃんこの母ちゃん

Author:にゃんこの母ちゃん
3度のメシよりにゃんこな母ちゃん。
猫の森にて「猫の学校」修了
ホリスティックケア・カウンセラー資格取得。
出没エリア:東京

Staff
・永遠のマドンナ にゃん子
  2012.6.4 お星様に
・プリン(2011.9.11/福岡 )
  にゃタロー家からスカウト
・芽生(2013.6.12/福島)
  ねこひと会よりスカウト
その他お世話係:父ちゃん

我が家の子どもたち

 突然ベランダに現れた天使     にゃタロー家よりスカウト     ねこひと会よりスカウト

最新記事

twitter

ブログ村

ブログランキング

月別アーカイブ

HONE HONE CLOCK

カテゴリ

はじめに (1)
天使になった、にゃんちゃん (41)
プリン (147)
芽生 (22)
虫さん (4)
日常 (58)
プリンと芽生 (46)
Dear ブロともさん (18)
猫バカの集まり (21)
猫セミナー (11)
引っ越し (13)
帰省 (10)
里親募集 (13)
悲しいこと (5)
未分類 (11)
竜脱走 (2)
お出かけ (12)
東北弁 (1)
猫様遊びのこと (0)
猫のおもちゃ (1)
プリン病院 (2)
お酒 (1)
旅 (2)
猫トイレ (2)
料理とか (2)
ご飯など (0)
猫草 (1)
季節の行事 (6)
グッズ (1)
骨折 (22)
オリジナル (1)
猫ごはん (1)
猫さんのために (2)
プレゼント企画 (7)
旅たち (1)
ハンドメイド (2)

アクセスカウンター

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)

記事一覧

にゃんちゃんとお別れして

プリンが家族になって

芽生が家族になって

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

super nyanko

super purin

プリえもん

三つ編みプロジェクト2012.3

三つ編みプロジェクト

Black Cat Club

QRコード

QR

あし@

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: