topimage

2017-08

にゃんちゃんの命日 - 2016.06.04 Sat

4年経ちました

CIMG1042.jpg

1年前の記事『にゃんちゃんの命日』に
コメントをいれてくれた方がいました。

前の記事は、泣いてしまうので
あまり読み返さないけど

読んじゃった

今も思いはかわらない

泣いたっていいよね、こんな時くらい。



命日の今日
にゃんちゃんと一緒に出かけた。

毛玉
CkE4oVXUYAADnLH.jpg

以前お世話になったことがある
Kachimoさんのとこのレオ爺さんを捜しに。

http://noccononyanko.blog.fc2.com/blog-entry-79.html

2週間くらい前から行方が分からなくなっていた

昼過ぎからさがして、もう夕方

一緒に捜してた方と2人、ため息をつきながら
ぼーっと歩いた

ふと毛玉を出して、にゃんちゃんの話をした。

その方は、そっかそっかって言って

今まで「レオ爺さん」って呼んでたのに

「にゃん子ちゃん、にゃん子ちゃん」って。

「にゃんこちゃんお願いします」って

泣けてきちゃった

そして戻ると

レオ爺さんは、Kachimoさんの腕の中にいた

やっと帰れたんだレオ爺さん

残念だけど、きっと自分が選んだことだよね

安らかにレオ爺さん

http://kachimo.exblog.jp/22875085/

みんなの思いがレオ爺さんを呼び

にゃんちゃんもきっと呼んでくれたんだ

そう思いたかった





スポンサーサイト

にゃんちゃんの絵 - 2016.04.10 Sun

にゃんちゃんをね、描いてもったの。

プリンや芽生にしようかとも思って
写真を探してた。

でも、なんだか分からないけど
にゃんちゃんだ!
そう、にゃんちゃんだよ!って思った。

IMG_20160409_172102.jpg

桜がいっぱい咲くと、なぜかにゃんちゃんを思い出す。

そして、泣けてきちゃうんだ。

にゃんちゃんは、まだあっちの世界にいるみたい。

きっと、大ボスになってる。

にゃんちゃん、たくさん話したいことあるよ。

にゃんちゃん、お願いしたいことあるよ。

でも、きっと全部わかってくれてるんだな。
だって、にゃんちゃんだもの。

CIMG1424_にゃん子

万物に優しくしなさい。
どんな時も優しさと笑顔で接しなさい。
いつか私が何かに姿をかえて生まれ変わる。
姿をかえ、きっといつかまた貴方に会いにくるから。

誇りを持ちなさい。
胸をはって生きなさい。
貴方は私に選ばれたのだから。
パートナーとして私が貴方を選んだのだから。

別れた日を覚えるではなく、
出会った日を祝いなさい。
悲しい日ではなく楽しい日を忘れずに
毎年思い出しなさい。

後から行くから天国で待っててなんて言ってはいけない。
私は貴方をずっと待ってたりしない。
だって、必ず生まれ変わってまた貴方に会いにくるから。

最後に決して忘れてはいけない。
私が貴方をとても愛していた事を。
貴方の家族を愛していた事を。
そしてとても幸せだったことを。




お盆の終わり - 2015.08.16 Sun

にゃんちゃんの夢をみた。

抱っこして
ギューって、何度も何度もした。

きっとお盆にきて、
帰るからじゃあねって
言いに来たのかもしれない。

20090912132716.jpg

大好きなにゃんちゃん、ありがとうね。




にゃんちゃんの命日 - 2015.06.03 Wed

6月4日
にゃんちゃんとお別れして3年。

携帯の待ち受けは、未だににゃんちゃんのままになってる。

悲しい日を、いちいち覚えておく必要もないと思っている。

本当は、お別れした日じゃなくて
出逢った日や楽しかった日を覚えていたい。

でも、にゃんちゃんと出逢った正確な日を覚えていない。

(ずっとブログを見ていただいている方は、同じ話になってしまいますね)

以前住んでいた家は、古い戸建てのお家。
そこに引っ越して1年くらい経った頃だったろうか。
ある日、ヒョッコリ顔をだしたにゃんちゃん。
CIMG0221.jpg

動物は、飼うつもりはなかった。
いつかお別れが来るのが怖かったから。

でも日を追うごとに、にゃんちゃんに引き込まれていった。
bannar2.jpg

この子は、どこかのお家の子だったのかな。
近所の人に聞いても知ってる人はいなかった。
「この子ね、全然見たことないのよ。全く人に懐いてないしね。」

2011-04-06-2.jpg

はずれる首輪をつけては、落として帰ってきた。
検査をしても全く病気もなく、虫さえもいなかった。
そして避妊手術もしていたにゃんちゃん。

時間をかけてゆっくりゆっくりと絆が深くなった。
夜は、一緒の布団で寝て、昼もほとんど私の近くにいた。

お別れは突然。
にゃんちゃんは、家の前の野原に倒れていた。
全て私の責任だった。

完全室内飼いにする前ににゃんちゃんは、
事故で逝ってしまった。

ごめんね、にゃんちゃん。
でもね、とーっても愛してたんだ。
そのときはね、こんなに愛されて
こんなに幸せな子はいないとさえ思ってたよ。

濃くて幸せな日々を送れたんじゃないかと思わないと
前に進めなかった。

2009-10-08.jpg

にゃんちゃんと暮らして、
とってもジャラシ振るのが上手になったんだよ。
だって、外でいろんなもの追いかけているにゃんちゃんは
ちょっとやそっとじゃ遊んでくれなかったんだもの。

にゃんちゃんとの暮らしがあったから
きっとどんな子でもうまくやっていけると思った。
どんなことも乗り越えられると思った。

迎えた芽生は、手のかからない子だったけどね。

プッツリ切れて行き場を失ったにゃんちゃんへの愛情を
今、プリンと芽生にたくさんたくさん注いでいるよ。

にゃんちゃん、ありがとう。


大事な子を失った方たちへ

いつか必ず抜け出すことができる。
そして、その悲しみは無駄になることはなく
いつか、もしかしたらどこかで待っている子を
とっても幸せにしてあげられる力を持っているんです。


DSC05552.jpg
     (芽生とプリン)

最後までお読みいただきありがとうございます。





誘っているくせに怒る猫 - 2014.08.04 Mon

にゃんちゃんとプリン



CIMG0885_20140804133624350.jpg
                        にゃんちゃん

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

にゃんこの母ちゃん

Author:にゃんこの母ちゃん
3度のメシよりにゃんこな母ちゃん。
猫の森にて「猫の学校」修了
ホリスティックケア・カウンセラー資格取得。
出没エリア:東京

Staff
・永遠のマドンナ にゃん子
  2012.6.4 お星様に
・プリン(2011.9.11/福岡 )
  にゃタロー家からスカウト
・芽生(2013.6.12/福島)
  ねこひと会よりスカウト
その他お世話係:父ちゃん

我が家の子どもたち

 突然ベランダに現れた天使     にゃタロー家よりスカウト     ねこひと会よりスカウト

最新記事

twitter

ブログ村

ブログランキング

月別アーカイブ

HONE HONE CLOCK

カテゴリ

はじめに (1)
天使になった、にゃんちゃん (41)
プリン (149)
芽生 (22)
虫さん (4)
日常 (58)
プリンと芽生 (46)
Dear ブロともさん (18)
猫バカの集まり (21)
猫セミナー (11)
引っ越し (13)
帰省 (10)
里親募集 (13)
悲しいこと (5)
未分類 (11)
竜脱走 (2)
お出かけ (12)
東北弁 (1)
猫様遊びのこと (0)
猫のおもちゃ (1)
プリン病院 (2)
お酒 (1)
旅 (3)
猫トイレ (2)
料理とか (2)
ご飯など (0)
猫草 (1)
季節の行事 (6)
グッズ (1)
骨折 (22)
オリジナル (1)
猫ごはん (1)
猫さんのために (2)
プレゼント企画 (7)
旅たち (1)
ハンドメイド (2)

アクセスカウンター

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)

記事一覧

にゃんちゃんとお別れして

プリンが家族になって

芽生が家族になって

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

super nyanko

super purin

プリえもん

三つ編みプロジェクト2012.3

三つ編みプロジェクト

Black Cat Club

QRコード

QR

あし@

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: